<   2005年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧
タイトル変わったって話

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/game/8849/1115444254/
こういうところを見て、書き込みはしないけど忍者の情報をチェックする七瀬です、こんばんわ。

さてさて、昨日書いた通り、今日は忍者についていろいろ考えてみようかとおもう。
とりあえず、先のURLに書かれている、忍者についての意見とそれに対する自分の意見をまとめてみる。

・忍者は不遇職だ!枠必須ではない!
 確かに枠は必須ではない、しかし不遇職だとは思わない。なぜなら自分のやってる忍者の行動は他職ではできない、忍者でしかできないものであると自分で思ってるから。と、いうか後、本陣に関して言ってるんだろうけど、武芸ですら必須では無くなってるし、枠必須な職なんて薬師、神職くらいじゃないかね。まぁそのへんは人によりけりだろうけど。

・本陣いくにはどれくらいのスペック(装備)が必要なの!?
 これについて、スレでは3000-600以上じゃないと忍者としては行きにくい、だの生命2400程度に痺れ*2+αの気合と攻撃550では中途半端すぎて役に立たないだの言われてるが、自分のスペックなんて中途半端っていわれてるスペックと大してかわらないわけで。自分の中で、先ほどいった忍者にしかできない行動ってのは「完璧な止め役兼サブアタッカー」ってやつです。この件についてはまた後で書きますが、スペックなんてそこまで全身涙!って装備じゃなくてもいけるってことは言いたい、のでもっと忍者は自信をもっていいと思う。

・特化はどれがいいの!?
 これ、完全に個人好み。スレでは武将ならば忍法>忍術>暗殺ってのが一般論。暗殺一刀流のみ本陣では効果あり(反撃回避)ってかんじにまとめられている、が自分は暗殺で小型二刀流。つまり、動き次第では一般論はひっくり返せるってこと、世論に流されずに忍者って職をやりこむと楽しいですよ!最初に言ったけど不遇じゃないです。


と、まぁ多い意見はこんなところですな。あとはTDとか狩場の話題ですが、TDとかはあまり行かないので割愛。んで、自分の忍者についてつらつらと。

先ほど言った通り、マイ忍者は「完璧な止め役兼サブアタッカー」ってのがコンセプト。
現在のスペックは生命3200 気合2300 攻撃540 程度、正直攻撃は飾りであり斉藤朝信を倒したときは520程度でした。スレでいわれている3000-600とかは個人の趣味で忍兜はダサすぎてつけたくない、額当てLoveな自分にはきついと思われます・・・。全身に生命200↑いれてるので、これ以上涙を増やしても攻撃と気合が多少増える程度。
んで実装は「小型二刀流、命中術極意、全体看破・弐、痺れ斬り、滅殺閃・極、滅殺閃・弐、電光石火、急所狙い極意、剣気隆盛、暗殺乱舞」。
相手が超回避する(痺れがあたらねー)って敵の場合は剣気or乱舞が消えて心眼になったり、反射結界がこちらに対して超つらい場合は結界破りになったりする。
んでまぁ仕事としては忍者にできる最大の仕事であり、他職にはできない確実な止め。それをさらに守護を無効化する電光石火。相手の壁役が死ぬまではこれに徹する、痺れをしてるだけで致命傷がはいるのもおいしい。しかしやはり刻々とかわる状況によってその場でもっとも適した行動をしていくのが忍者であり、ただ1痺れをしてればいいってものでもない、状況によっては5痺れ(神主)や看破、滅殺も撃つ。相手の壁役が生命減ってきて、一所陽動などをしなくなってきたらさらに電光石火を切らさないようにする、そうなってきたら呼び出しゾーンであり、なおかつ完全回復ゾーンでもある、が、守護はでる生命。これが一番危険な状況なわけ。あと一応1が侍武将本陣の場合は2が僧なので、1がへってくると呼び出し>仁王>呼び出しとおる>6は鍛冶がくる>完全>相手6体フルという最悪な状況になる。
1が強烈な相手じゃない場合は(本陣の1侍とかたいてい強烈だけど)武芸と忍者で落ち着いてミネと痺れを重ねればとまる、が、5(神主)の子守、4(陰陽)の呪縛などいろんな不確定要素も絡まってくる。なおかつ1が強烈な場合はそのミネの時間すら惜しいわけで。一人で仁王を無視してとめることができる電光石火は自分の中でははずせない存在。と、まぁ1が侍本陣の例で話してみましたが、これは1が侍じゃなく23が侍鍛冶といった後衛本陣の場合でも言えることが多い。もちろん5沈黙は必須、軍学に看破させる状況は好ましくない。武運長久、後光が入っている場合のみ神主の裏に軍学の看破は有効。なんかぐだぐだになってきた・・・。とりあえず忍者のタイプにはいろいろあると思います、どれも間違いではないしどれも正解でないかもしれない。が、不遇といって腐ってたらそれは間違い、忍者ガンバレ!
[PR]
by yuki__non | 2005-05-25 23:59 | 信on評論
伊豆沖後半戦って話

鍛冶2とか侍3とかで本陣が落ちる中、それでも忍者は必要なはずだ、と自分に言い聞かせ、強く生きようと思う七瀬です、こんばんわ。

とりあえず伊豆沖後半戦ですよ、土日もあまり抵抗激しいわけでもなく、淡々と陣が進んでいく伊豆沖。練習の場としてはかなり恵まれた合戦場かも、取り付きやすいですしね。あと見晴らしがいいから相手が攻めてきた場合も、防衛の大まかな練習にはなるというか、なんというか。
ただ、狭いからすごいラグい・・・。人がPSじゃぜんぜん見えませんw

侵攻票は斉藤にいれたものの、斉藤>織田の侵攻票に勝てなかったぽい(落ちるときは負けてた)ので、伊豆沖告知がでそうですね。相手にもののふ、浅井援軍がくるので、今回ほどは楽勝じゃないだろうとおもいつつ・・・織田がちょっとピンチになりそうなことが気がかりです。

まぁここからは自分の伊豆沖での出来事について。
・門番精鋭一騎がけ
氏康フル!

c0013383_14405725.jpg


注:先頭は牛さんで精鋭は追尾。


・小荷駄に咲いた花

c0013383_14423439.jpg


ってか強。


・試験で井伊

SS一旦削除

家老試験二人突破おめでとう!


・榊原二回目

SS一旦削除

トドメ取れず、残念!
このへんまでくると忍者の存在感が出てくる・・・かも・・・鍛冶2でいけそうなきもしてきた・・・。


・今週のMVP

c0013383_14472234.jpg


笑いすぎて集中できなかった、心理戦仕掛けてくるとは・・・w

と。まぁざっと流してみたけど、個人的には薄い気がする。
もうちょっと忍者の存在感をアピールできるようにがんばりたいな、そもそも現在における忍者の役割ってのがどうも人によって考え方がまとまってない感じ、武芸はアタッカー、軍学は沈黙、鍛冶は盾(鉄砲、刀はその限りではない)、薬師は回復と決まりきったって言ったらおかしいけど、専門!って行動でいえば、確かに決まってないかもしれない。
まぁ長くなりそうなので後日まとめてみようとおもう。

おれおれ忍者にすべきでしょうか・・・。
[PR]
by yuki__non | 2005-05-24 23:59 | 合戦場レポ
伊豆沖前半戦って話

ちょっと停滞しすぎた・・・orz=3
それより奥さん聞いてくださいよ、PCが復旧してまたSSが取れるようになりましたよ!
なおさら更新しろって話ですいません。

人の多い午後8時~の陣は基本的にサポ、ヘルプに。人の少ない夜中、昼の時間は起きてれば武将に回ってみました、とはいうものの予想以上に徳川の防衛がなかなか・・。
まぁ鳥居の斉藤と逆なかんじで力押しで攻めていけてるわけで、練習徒党とかも先にいけるようにたまーに中7やったりしたわけですが、やはり鳥居に比べて勝ち戦は雰囲気いいなぁと思う。

しかしやはり伝達などで家老とそれ以外でちょっと差を感じる場面も目立つがこれはある程度は仕方ない部分もあるとおもう。もうちょっといい伝達システムが必要ですな。

ここからは自分の伊豆沖での出来事について。
徳川本陣四天王井伊様
当初の目的は忍者の家老試験であり、できるチャンスがきたので一応徳川本陣で一番やりやすいと言われる井伊へ。
一回目:開幕赤備え血戦が軍学侍に直撃、死亡。
そのあとなんとか立て直すも1痺れが3回に一回くらいはずれ、ちょっとあせってしまう。
んでなんとかかんとか1を殺すも滅極を打った直後に竜巻>トンゴク>紅蓮で死亡。
止め役が全滅したところで相手の蘇生完全でお疲れー。

二回目:開幕3連改を軍学が守護耐え切り。軍学の1逆転から1痺れ>心眼で命中率を確保し、1s粘着&1滅殺、乱舞でちまちまけずりつつ武芸にはがしがしなぐってもらう。順調に5tも入り危なげなく井伊陥落。↓とどめはげっとー。
c0013383_1933420.jpg

強さ的には斉藤>井伊>色部くらい。やっぱり特殊もちはカックイイね。

続いて、徳川本陣四天王二人目、鎧通し持ちの榊原様。
正直井伊が想定範囲の強さでちょっとしょんぼりしたので。絶望を味わいに榊原様へ行こうってことに。
無事フルで取り付き、こいつは初期高速付与がないので、開幕1痺れから。
ほか6人も普段どおりに行動。5沈黙が安定して入ったのがすごくやりやすかった。
とはいうものの1痺れ>4連コンボで削りつつも相手もさすがの榊原様、極んでも極んでも威力はかわらない・・・w
しかし冥護では軽減されるから榊原の攻撃に冥護が入るように(3の連撃などで割れないように)うまくうごくのが重要に感じた。
極楽は結局使わず終い、ちょっと危ない場面もあったけどとっさに極楽するほど僧の気合が持たないようだ、んで途中呪縛をくらい、蘇生を通すものの、落ち着いて殺し無事撃破(勝てるとおもってなかったのでSSとり忘れにつき無断引用w)↓トドメはまたしてもげっと
なんかSSアップできねーのでまた今度。

あとは酒井と本多様×2か・・・・。酒井はいけるだろうけど本多はなぁ・・・。
とりあえずいけるチャンスがあればいってみようかな。
[PR]
by yuki__non | 2005-05-21 23:59 | 合戦場レポ
合戦お疲れ様って話

とりあえずは、もうちょっとがんばりたかったけど、目標の1分けはできてよかったぁ・・・。
あの陣だけではなく、北条の防衛のレベルが高くなってきてお互い人数多いときは膠着状態になってるかんじですのー、逆の立場でも取り付けるかどうか・・・ってくらい防衛のレベルあがってますな!
まーそれでもやはり斎藤に比べると隙間ができやすく、人数差は現状いかんともしがたいですね・・・と、まぁそれでもがんばれる陣に一体になってがんばれる北条はステキな国だと思いますよ。と奇麗事を言っておきます。

なんつか伊豆沖の勝ち戦のときより作業じゃないってのがやっぱり面白いとおもう鳥居峠。
しかし、現状の鳥居峠は敷居は高すぎるので、伊豆沖告知が出たのは正直ありがたいとおもいます、これでもっと合戦の面白さが広まり、鳥居での参戦率も上がるとイイですねー!

ここからは個人的な自己中意見をつらつらと。
正直、おれは半固定でしか動いてない現状(ソロやってても誘われないと一応言い訳w)なわけですけど、確実性のある固定徒党ってのは接戦になればなるほど必要だと思ってます。
なぜなら、取り付きにくい今の仕様だと、撃破率というものがなおさら重要だと思うわけで、現在よく組む人達とフルで取り付けばよっぽどのことがないと負ける気もしてません。
自分達だけが楽しければいいの?って思われても、正直丹もすごい勢いでなくなり、装備の削れもありますし、月並みな言い方だけど、そこまで楽してるわけじゃないですよ。
ソロのときは防衛、サポもできるかぎりやってるつもりではありますが、掲示板放置で寝てるときも多いですがねwまぁ何がいいたいかというと、武将とかはおれの中では理論ゲー、詰み将棋みたいなもんだと思うんですが、それを実行するには7人全員がそれを理解して動くということが重要なのがノブの戦闘だとおもい、おれはよくできてるなーと思うんですが、それを野良で毎回きっちり実行できるか、といわれたら否なわけで、やっぱり固定気味になっちゃうわけで。
けど完全固定ってわけじゃなく、お互いに何をするかっていうのを理解できる程度のつきあいがないと鳥居のような接戦では誘いにくいってのは一応自分なりの言い訳。
まぁ完全に自己中かもしれないけどー、呼吸がうまく合う人とやると楽しいのは事実。
たとえば忍者なら軍学、武芸と神職なら僧薬師と鍛冶なら全体を見渡しての回復職との連携がまず最低限の単位だと思います、なので固定推奨!ってわけじゃないけど、気の合う相方って人がいるとやりやすいとおもいます。なんか同じことを繰り返し言ってるような気もしますがw
とりあえず、サポは「8人目の徒党員」この考えを無くしてしまったらただの厨に成り下がってしまうのは間違いないとおもう、こんな自己中をサポってくれる北条の皆様には感謝の気持ちで一杯ですよ、まじで。

まーなんかダラダラと書いてしまったので今日はこのへんで。
伊豆沖は基本的に勝ってるときは本陣以外はサポに周り、負けてるor競ってるときは徒党で動くかもしれません、がんばりまっしょい。
[PR]
by yuki__non | 2005-05-11 23:59
これだけはって話

半兵衛>北条(上杉本陣のね)

北条(上杉のね)>てるりん>氏邦

斎藤、もうちょい本陣撃破率あげていこう。
[PR]
by yuki__non | 2005-05-07 23:59