PUKに伴う回想 その2
今日は仕事場からです、サーセンwww
こんばんわ、七瀬です。

というわけで回想その2

野武士が終わったあたりからは、あの時微妙に狩場に困る状況だった。
しかし、野武士あたりでその頃は修得は結構終わりに近い状態なので、リアル知人(lvが結構上)に混ざったりしてlvを上げていった。

平家や破戒僧兵、あとはなに行ったっけなぁ・・・w
そのあとは上野屋敷や狩人で風唄オンライン→越中で悪徳、雪見のコース。
たまーに蜃気楼で金剛狙いしたり、青龍で涙狙いなどもしながら50に。
結局金剛も涙もでたことないきが、、、、w

そのころはまだ特化もなく、本当に戦闘中は風唄、あとは野外管理。
陰陽さんボワー、侍さん一所>火攻め。そんなかんじ。
それでもしゃべりながら狩りするのが楽しかった。募集も多かったしね、取り合いも多かったけどw

そして50になった俺はついに合戦にいくことに。
初めて入った合戦場は伊豆沖だった。

続く。


はい、本鯖のほうは・・・といいますと

・武士道が空2に到達。
 相方が強いのもあってlv51でも盾2でいけた。ちょっと嬉しかったw

・武士道がイザナミに到達。
 知人の知人(変な言い方だがw)さんのお手伝いついでに俺も便乗クエ。
 lv60が一人だけ、盾が52、術忍なしだったけど、伏に一回負けただけであとは一発。
 まぁ相変わらずな俺の口調で少し凹ましてしまった気がしますが、、、
 きつくいったつもりはなかったんですが!なんだろう、人に注意というか・・・
 あれ?って思っても人に言っちゃいけないんだろうか。言い方ってのはあるとは思うけど
 本当に昔に比べて最近は言葉気をつけて、選んで注意してるつもりなんだけどなぁ。
 やっぱりこういうことがあると自分という人間にちょっと凹む。

・武士道初空2狩りで雫ゲット。
 キャラによってドロップ運みたいなのってあると思うんですよ。
 俺の場合は今のところ陰陽道が雫運がぶっちぎりでよく、鍛冶忍者はお疲れ様でした。
 ってわけで武士の今後に期待w


争覇に向けてパート2
だいぶテス鯖の情報が出てきたかんじで、色々妄想がふくらみますが・・・。
今まで以上に潜在ゲーになるのは間違いない感じなので、武士、術、鍛冶など最近色々浮気気味に育ててるけど、メインである暗殺の潜在上げを考えていこう。
空2狩りは現在術徒党気味にやってるけど、周りの育てたいキャラも物理にシフトしてきてるので、この機会に便乗して暗殺を出していこう。
目利きじゃなく、攻撃隊列になると思うから、雫がどれくらい変わってくるだろうかー。一応仕様では雫、涙に関しては目利きは効果なしって発表されてるけど、明らか変わってる・・・と思うんだけどなぁw
まぁ体感なんて誤差程度なんだろうけどね。

ってわけでこの辺で、あでゅ~。
[PR]
by yuki__non | 2008-03-03 23:59 | 信on一般
<< 木曽川だよ、全員集合 PUKに伴う回想 その1 >>